what is ivermectin toxicity how to treat ivermectin toxicity in dogs ivermectina covid precio farmacia del ahorro buy ivermectin for humans philippines ivermectina 6mg does ivermectin kill worms ivermectin dosage for lyme disease what does ivermectin treat

BLOG

パンたん(本名:パンケーキ)が我が家にやって来てから、早いもので7ヶ月が経とうとしています。現在、9ヶ月、体重8.9kg、すくすくと育っています。
パンたんを迎える前から、我が家には先住犬のブリンドル♂のナゲット君が住んでいました。 ナゲットは生後6ヶ月の時、ペットショップで巡り合いました。一緒に暮らしているうちに、あらためてフレンチブルドッグのこと調べ、そしてペットショップやブリーダーの現状を知ることになりそういえば、ナゲットの親犬のことを聞いてもペットショップの方は「何も知りません」と言ってたなと思い返していました。
なので2頭目の子(もともと多頭飼い希望でした)は絶対、信頼がおけて自分の目で親犬や犬舎を確かめられる所がいいな〜と思っていました。ナゲットがある程度落ち着いてきたので、いよいよ次の子を!と思ったところにインターネットでプチテイルさんを見つけ「ここだっ!!」って思ってからは毎日毎日、ブログを読み漁ったり、交配情報をみたりしていました。
そして実際にプチテイルさんに見学に行き直接お話を伺うことでフレンチブルドッグに対する想いや熱意がじんじん伝わってきてやはりここしかない!と思い、その場で子犬の予約をして帰ったのを覚えています。
予約で待たれていた方が先に何名かいらっしゃったので「まだまだ先だね〜」なんて言っていたらあれよあれよという間にパンたんが決まって、決まった日は主人と二人で手を取り合って大喜びで飛び上がりました☆それからはブログに頻繁にパンたん達のことがUPされていたりプチテイルさんが画像や近況をメールで知らせてくれたりで迎えるまでの2ヶ月もまるでそばにいるようでした。
いざ迎え入れると、パンたんはまったく人見知りもせず、初日からナゲットを追い回していました。今でもお転婆娘なのは相変わらずで、毎日ナゲットを待ち伏せしては追いまわして「ケケケッ!!」って笑ってるようですそして思わず突っ込みたくなるようなパンたんのユニークな行動にはわたしたちが「クククッ」と笑わされています(笑)でも、いつかパンたんも歳をとって寝ること多くなることと思います。なので今のお転婆な時期を精一杯楽しみたいと思います。
こんなユニークなお転婆娘に出会わせてくれたプチテイルさんに感謝の気持ちでいっぱいです。


TOP